才能ある美男美女と、自分

今日は、遠路はるばる、一度も行ったことのない地へ行った。
バス〜私鉄〜地下鉄〜私鉄を乗り継ぎ、家を出てから2時間半後に到着した。
スマホのアプリを使うと、見知らぬ駅から徒歩で、まったく行ったことも聞いたこともない場所に、スイスイほいほい行ける。
海外でも使えるのなら、嬉しいけれど鬼剃頭治療。(WiFiのないところでは、海外用の自前のものを用意しないといけないだろう)


目的は社交ダンスパーティ。
会場は、そうとうマニアックだった。
かなりわかりにくい、地元の人にしかわからない場所にあり、参加者はとても少なく、思わずUターンしようかと思ったが、主催者に引き止められた。
そりゃあそうだ。
わたしだって、片道2時間半もかけて行っているのだから、のこのこ帰ってくるわけにはいかない。


このパーティには、コンセプトがあった。
社交ダンスのペアを組む相手を求める人が集う、お見合いパーティー。


お見合いの人は入場料も違い、番号が書かれたバッジを付ける。
もともと、わたしは、冷やかし半分、本気半分であったが、大幅に遅刻したことや、劇団員の白熱した練習風景のような、研ぎ澄まされた凛とした、本気ムードの会場に、


腰が引けた。
なので、へらへらと一般客として参加した柏傲灣價單


お見合い成立は、1組。
とびきりお上手な美しい女性と男性だった。
わたしは、こんなハイレベルな人々の中にいるのは、明らかに場違いであった。
片道2時間半の場違い。
まあ、行ってしまったものは仕方ない。


そこで、感想。
芸事や、ダンス、なにかに秀でている人は、美しい。
容姿端麗、俳優のように美形である。
成立したカップルも美男美女。
ダンスは勿論、飛び抜け上手だが、容姿、器量も、これまた群を抜いている。


わたしは、自分の容姿には自信がない。
客観的な事実を見ても、家系などDNAも、美形遺伝子はない。
トンビが鷹を産む確率はいたって低いので、美形が産まれることは、ほぼない。
スポーツ系に優れたDNAもない公屋按揭
だから、素晴らしい目を惹く美形で、抜群にダンスが素晴らしい人々を見ても、それは自分と比較する存在ではなく、飲む水が違い、棲む世界が違う。


じつに、冷静に、その違いを感じた。


そもそも、わたしは、美形は苦手なので、あまり接点も接触も交わりも交流もない。
だから、羨ましいとか妬ましいとか、そういうのはなく、胸がザワザワしないで、クールに客観的事実を受け止めることができる。


よかったね。
なのか?